きものsalonと美しいキモノ

 

小阪さんの個展も無事終わり

楽しみにしていた、きものsalonと美しいきものが届きました。

 

今回は檀れいさん、松嶋菜々子さん、羽田美智子さん、知花くららさん

4名の女優の方々に、弊店の商品を御召いただき、掲載して頂きました。

関係者の皆様、ありがとうございました。

 

メディア掲載品は、全て2割引きのお得な価格で販売しております。(全て未仕立て)

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

*京友禅付下着尺

 

*美術工芸啓 袋帯

 

*森健持 辻が花九寸名古屋帯

 

*美術工芸啓 袋帯


きもの創り京都・小阪作品展はじまります

 

いよいよ今週16日(金)から、

京都小阪さんの個展がはじまります。

 

ギリギリで仕上がった、別注の商品が今日数点到着。

下の写真は地色を指定して染めて頂いた付下。"瑞雲にかすみ暈し"。

 

写真では表現できない、なんとも言えない良い色に仕上がりました。

はぁ〜洒落てる。笑

 

この他にも、付下やしけびきの小紋、染帯など

小阪さんの素敵な染物が揃っています。

皆様のご来場、お待ちしております。

 

きもの創り京都・小阪 作品展
と き 2月16日(金)-18日(日) am10:00-pm19:00 *小阪さん在場は16日・17日
ところ ギャラリーホワイトキャンバス *岡山市北区表町1-6-38-2F
展示品 訪問着・付下・小紋・染帯etc…

 

 


YouTubeはじめました

 

以前からずっと考えていた

"これまでにお伺いした工房や作り手の制作風景を動画でご紹介したい"

ようやく第1弾がアップできました。

 

1回目は信州飯田紬 廣瀬収宏さんの手おりの中の手織。

オンラインショップでの商品掲載と合わせて、動画を作成しました。

 

短い動画ですが、広瀬さん独特の経糸をゆるめながら

横糸を筬で押し込んでいく様子が、お分かりいただけるのではと思います。

 

YouTubeにも"染と織たかはしチャンネル"笑 を作りましたので

少しずつ更新していこうと思います。

 

目指せユーチューバー!笑

 

 

 


勝山健史さんの夏物

2月の京都仕入れから、戻りました。

 

今月のハイライトは、何と言っても勝山健史さんの夏物発表会。

今年も心ときめく新作が目白押し。見分けた作品が届くのが、とても楽しみです。

 

そして1日の夜は、仲の良い呉服屋さんたちと"おばけ"へ。

節分に合わせ、芸妓さんや舞妓さんが仮装をして

一年の厄除けを祈願する行事です。

 

ご一緒した尾張の大旦那様が、謎の契りを交わされるの図↓笑

 


きもの創り京都・小阪 作品展

 

2月に開催する、染の小阪さんの案内状が出来上がりました。

 

ん〜なかなか良い感じです。笑

来週には皆様のお手元に届く予定です。

 

会期中の16日・17日は、小阪さんも岡山にお越し下さいます。

ぜひぜひお越しください。

 

そして、明日からは京都に仕入れ。

2月は夏物が中心です。

勝山さんの夏物の発表もあるので、危険です。笑

買いすぎないよう、注意します。笑

 

 


初茶会

 

今日はお稽古をさせて頂いている、

裏千家岡山支部の初茶会のお手伝いへ。

 

青年部の皆さんと、薄茶席を担当させて頂きました。

 

ほぼ100%に近いお客様が、お着物でお越し下さり

とても華やかなお席でした。

 

最後のお席が終わり、ほっとしたところでパシャリ。

早朝から夕方まで頑張ったので、衿元の乱れはご愛嬌。笑

 


灰色光 Ash&Light

 

新春の京都仕入れから戻りました。

 

いつもは毎月月初めが京都の仕入れですが

1月だけは変則的、少し遅めの初市です。

 

そして今年も、新年最初の仕入れは座繰り紬の芝崎さんから。

他の小売屋さんはもちろん、主催の問屋さんよりも早く会場に到着。笑

 

今年も相変わらず走り続ける一年になりそうです。笑

 

そして明日からは東京出張。

岡山からは3時間半かかるので、年末に届いてまだゆっくりと拝見できていない

森田空美さんの著書「灰色光 Ash&Light」を旅のお供に。

 

和楽での連載を中心に、素晴らしい写真と装丁。

森田さんの美意識が詰まった一冊です。

 

 


あけましておめでとうございます。

 

2018年がスタートしました。

本年も変わらぬご愛顧のほど、お願いいたします。

 

今年の年賀状がお手元に届きましたでしょうか。

本年のテーマは“脱被り物”。笑

 

見た目よりも、大変手間と時間がかかっております。笑

一応“イヌ”の人文字です。念のため。笑

 

そして、新年1回目のブログは、新春にふさわしい美しい着姿のご紹介。

 

婦人画報1月号と、家庭画報2月号にそれぞれ

貫地谷しほりさん(縮緬宝尽くし小紋)、

常盤貴子さん(美術工芸啓 袋帯)ご着用で、

弊店の商品を掲載して頂きました。

 

みなさま、是非ご覧ください。

 

婦人画報1月号▼

 

 

家庭画報2月号▼


小倉織 築城則子作品展

12月の京都仕入れから戻りました。

 

今月のハイライトは、

何と言っても、小倉織の築城則子さんの作品展。

 

築城さんの作品はとても数が少なく、

普段目にするときは、多くても2,3点。

ですが今回は、主催の問屋さんが3年程をかけて集めた約30点、

思わず”おーっ”と声が出る、圧巻の品ぞろえ。

 

代表的な小倉織の帯地から、袴地、

”小倉縮”と呼ばれる、生絹(すずし)と木綿の盛夏向きの着尺や、

生絹に練貫(ねりぬき)の、単衣向きな絹だけの着尺まで。

今回は特に、珍しい着尺が充実していました。

 

築城さんともお会いでき、

作品や糸のお話など、色々とお話を聞かせて頂きました。

 

言うまでもなく、買いすぎましたが何か?笑

分けて頂いた着尺の作品の前で。

 

 


「良い夏物は、冬でも美しい。」

 

こんな時期に、夏物を仕入れるなんてどうかしてる。

そんな風に自分でも思いながら、今月初めに仕入れてきた夏物が

年明けを待たず、嫁いでいきました。

 

どうかしている私に、お付き合い下さるお客様の有難さを

しみじみと噛みしめています。

 

ものとの出会いは、一期一会。

そして、良い夏物は冬でも美しい。

 

 

越後上布


<< | 2/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

染と織たかはしHP

染と織たかはしonlineshop

染と織たかはしfacebook

facebook

染と織たかはしinstagram

染と織たかはしYouTube

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM